×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大切な人のために... 遺言書をつくってみませんか

終活指南書〜遺言書やエンディングノートの書き方-[雛形,サンプル,無料ダウンロード]

その2〜エンディングノートの記載する意思表示、自分史、人生史

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エンディングノート2



終活のためのエンディングノートの書き方について<その2>です。


3.自分らしく生きるための意思表示
  エンディングノートは、いざというときの為に作成するものであり、家族などに伝えたいメッセージを残しておくものです。どうしても相続や医療、介護行為などの内容について重点が置かれがちですが、意思表示が困難になってからの生活を、自分らしく過ごすためにも「エンディングノート」として、あなたの意思を残しておくことは、とても重要です。高齢化、認知症の増加などによる意思表示が困難になった方の生活を、どのように支援するか、なにが最適かを判断することは容易ではありません。
  しかし本人の意思が残っていれば、本人だけでなく周囲も安心して、過ごすことができます。法的効果を発生させる手続きなどについて、第3章に記載していますので、ご参考にしてください。

 意思表示の例


 ここに私の意思表示の希望を記します。何かを決めるときの参考にしてください。
 判断能力が低下するなど、私の意思表示が困難になったときは、可能な限り尊重してください。
 
作成日:   年 月 日 

氏 名:        印

住 所:         

誕生日:   年 月 日生

その他:         


 4.私の人生史
  あなたはどこで生まれ、どこで育ち、どのような青春時代を過ごしましたか。またどのような仕事に就き、どんな趣味や特技がありますか。あなたの人生における、さまざまな思い出のかけらから、人生を振り返ってみましょう。ひとつひとつの思い出が、あなたの人柄を物語る大事な要素となり、エンディングノートを作る上で基盤となります。
   人生のゴールにむけ、あなたの意思のもと作成するエンディングノート。このノートを作るには、あなたが歩んできた人生の歴史が、必要不可欠となります。そこで、あなたの人生史を作成し、あなたの意思をより明確にする基盤作りをしましょう。
  その時々に感じたことや思い出、達成できたこと、失敗等もあわせて書くと、さらに充実したあなたの人生史になります。

  私の人生史の項目例
  ■出身地
  ■本籍地
  ■学歴(小学校、中学校、高等学校、大学、その他)
  ■職歴(会社名、部署名、勤続年数、その他)
  ■趣味、特技(好きなこと、好きな本、映画、場所、マイブームなど)
  ■所属団体(習い事、サークル、地域活動など)
  ■家族(続柄、住所 ・連絡先)
  ■友人(住所 ・連絡先)
  ■緊急連絡先(住所 ・連絡先、入院時などに必要な持ち物など)

|< << >> >|



スポンサーリンク
ラプラージュ綜合法務行政書士事務所ラプラージュ綜合法務行政書士事務所のご紹介】
1 個人サービス部門では、遺言・相続手続きサポート、在留資格(ビザ)各種入管への申請、婚前契約書・婚姻契約書ほか契約書作成代行、内容証明郵便、離婚協議サポートなど法務博士号を所持する行政書士が安価で丁寧なサービスを提供しております(相談は全国対応完全無料で実施)。
2 法人サービス部門では、株式会社、合同会社ほか各種法人の設立手続きから事業計画書作成、融資・補助金・助成金申請サポートなどの創業支援、法務コンサルティングを実施しております。建設業許可申請、介護事業所指定申請、古物・飲食店営業許可などの各種許可、認可の申請代行・サポートも行っています。

エンディングノート


遺言書(自筆証書・公正証書)